子ども・子育て八千代タウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月7日の本会議にて  保育・学童保育の合理化について代表質問

<<   作成日時 : 2005/03/13 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月7日の本会議にて代表質問でとりあげられた学童保育に関する件について
小林市議(日本共産党)の子育て関係の代表質問の中で 保育・学童保育に関するところについて簡単な報告をします。
今回の福祉予算削減について市長からは特に返答がなく、福祉部長の方から回答がありま した。しかし、質問として触れられていた学童保育の保育料に関することや保育の質の低下(障害児の加配パートが2名である こと。6〜7パーセントは存在するという軽度の発達障害(ADHDなど)が年度途中に 発見されても加配パートがつかず、受け入れができないか、十分な対応ができないこ とをさして、障害児に対する冷たい行政のあり方に対する回答も含め)に対する回答は全く得られま せんでした。
 また、次世代育成支援行動計画が3月にできますが、その中で、17年度から、勝 田台児童会館にて居場所対策をボランティアにて始めることが決定しているそうで す。また、保育園にて、これまで、保健センターで行っていて相談事業などが行われ るそうです。(計測、離乳食相談など)
次世代育成支援行動計画の中では、緑が丘地区の保育園、学童保育新設を予定しているそ うです。
 今回の予算組み替え案を議会最終日(3月23日)に日本共産党が提出するそうです。
 福祉予算削減に対して市民が注目していることを示すためにも議会傍聴をしましょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月7日の本会議にて  保育・学童保育の合理化について代表質問 子ども・子育て八千代タウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる