子ども・子育て八千代タウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 各父母会での臨時ニュース紹介

<<   作成日時 : 2005/01/26 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

             ○○○学童父母会 市連協係ニュース
                                〇〇〇学童内市連協役員より
先日の支援課との懇談会に出席されたみなさん、お疲れさまでした。内容にびっくり されたり、怒りや閉塞感を感じた方もいらっしゃることでしょう。こどもたちが放課 後を豊かに過ごし、親が安心して働けるような学童保育所となるよう知恵や力を出し 合っていきたいですね。春ももうすぐです。
<署名行動について>
現在学童保育所をめぐる状況は、国の三位一体改革を受けた市の17年度予算案に起 因しています。
10月に対市交渉が行われ、17年度の学童保育については大きな変更はないという 回答を得ていましたが、その後一週間で状況が変化しました。市の予算の組み方が初 めて部の中で事業調整をする枠配当、その予算も市の単独事業を削らなければ成り立 たない削減予算案になりました。(千葉県保育問題連絡協議会が毎年行っている保育キャ ラバンで八千代市の保育・学童保育の市の考え方を聞く機会があり、そこでの児童支 援課の回答は、このままでは八千代市の保育園・学童が保育運営を四月からやってい けなくなる、民間園は経営が成り立たなくなるだろうとのことでした。課、部内でも これから検討していくことになるが、何を残すことができるかどうにも手をつけよう がない予算配分とのこと)
 そして、この変化が私たちに知らされたのは、12月に配布された学童保育の申請 書のみです。保育料、保育時間について、「17年度は変更の可能性があります」と いう入所申請の案内だけでした。また、入所決定がおりない可能性もあることが示唆 されていました。〇〇〇学童、△△地区の待機児童解消のための新規委託もなくなっ ています。
 これらを踏まえ、児童支援課がどのような案を4月から出しているのか、情報を得 るために保育園父母会と合同で懇談会を1月14日に持ちました。児童支援課の努力 は感謝しますが、このような事態の説明を直接市長から聞きたいということになりま した。現在集めている署名は、市長懇談を申しいれるための緊急署名です。保育園父 母会連絡会と連名で署名をまわしています。今月最終週に会長が署名を持って趣旨説 明をしてくることになっています。1月25日までに高津学童に提出してください。 また、この署名は、市内・市外問いません。また、内容も、保育園と学童保育の両方 でパート人件費削減など共通する項目があります。保育・学童、公立・民間関係なく すべての保育園利用者、学童利用者に関わる内容ですので広めてください。数も必要 ですがこの内容を広めることが重要です。
<4月からの案>
三月議会を通れば、4月から実行されます。
 内容は、保育料は、50パーセントアップ、保育時間延長、加配パート2箇所の み。また、今後、正規指導員の退職者不補充を進め、正規1・パート1になり、やが てパート2になったところから市直営に戻すという方針、指定管理者制度は保育・学 童保育はなじまないという話でした。
 来年度は、パート予算が削られ加配パートが2箇所しかなくなります。(70名規模で予想されるため)また、今までついていた土曜日のパート が削られることになります。夏休み・春休みの長期休業時のパートの配置はあるそう です。今年度は、加配パート(人数が多いところ)は45名以上でつき、その規模に 合わせて、午前中から勤務している嘱託職員や加配パートの人数を増やすなどしてそ れぞれの規模に応じて配置されました。
〇〇〇学童は、正規指導員2名、午後からのパート1名に4月からなります。(現在は 正規2名。パート3名)土曜日一人対応となります。これでは、保育の質も下がりま す。保育料は上がり、保育の質も下がる、この現状をみなさまの知恵とお力をお借り して乗り切らなくてはならなくなりました。今後、市連協でも陳情や議員に働きかえ たらどうかなど、いろいろ案が出ています。また、父母でも協力できるところはなん なのか検討する必要があるという意見もあります。まずは、この状況に対する率直な 感想を出し合うことが肝心だと思います。これは、一部保育園・学童保育関係者だけ の問題ではありません。他にも子育て関連で何か大きな変化があり訴えていかなけれ ばならないことも一緒にあげて陳情なり請願なり議会に働きかけていく予定もありま す。まずは、みなさま、緊急の署名にご協力ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
保育園父母会連絡会の方で、懇談会のまとめをしています。資料としてご覧くださ い。      資料1
2005/1/14(金)18:30〜 市役所2階第2会議室⇒福祉センター4階会議室へ変更
2005年度予算削減についての緊急懇談会   (連絡会事務局まとめ)
八千代市児童支援課 × 八千代市保育園父母会連絡会・八千代市学童保育連絡協議会
1、懇談会開催挨拶 【保育園より(会長)山岸、学童より(会長)内野】
2、児童支援課挨拶 【市側出席者:宇井課長・浅野主査・岩田氏】
3、懇談概要  保育園関連学童保育関連併せて、保護者120名が参加。
児童支援課「決定ではなく、保健福祉部案、3月議会で決定するもの。学童保育関連で は、保育料が50%UP(8000円⇒12000円、10000円⇒15000円)、保育時間は30分延長 (6:30⇒7:00)。委託料を見直し、職員の人件費は市役所職員と同様の削減。加配パー トは2箇所以外(70名規模予想のため)カット。職員配置基準そのものがもともと存在しないが、 (学童に関しては法規制がなく、自治体の単独事業である)各所フルタイム職員2人 ずつの配置となる。現在の社会福祉協議会委託方式を続けるには、これが精一杯。さ もなければ、予算のほとんどが人件費なので、指導員32名+事務職員1名の首切りしか ない。保育園については、全体で1億円減らす。細かいものの積み重ねだが、具体的に は@災害共済385円の父母負担が100円UP(250円⇒350円)A給食一食あたり20円カット (食材を安価なものに。牛乳は個別パックをやめる)Bパート賃金の削減(時間調整を図 る)C認可民間保育園の31項目の補助金の見直し(11項目廃止・5項目縮小・15項目その まま継続)=首切りせずにすむ運営ぎりぎりの数字で9000万円減額となる。」「予算の 割振りは来年度から枠配分方式となった。全体金額から、企画財政部財政課によって 配分が決められた。保健福祉部全体で16%の削減となり、内児童支援課削減分は10億 4600万円と提示された。本来必要な金額は17億1600万円で、6億7000万円不足。これで は学童保育事業(正規職員体制は県内では八千代市と野田市だけ)そのものをやめねば ならない。実際単独事業はすべて打ち切りの方向で、高齢者関連・母子家庭関連・障 害児関連等は予算削減のため大幅な事業の廃止、教育委員会予算も50%の削減予定 である。しかし、市長とのやり取りで、保育園関連と学童保育関連で4億8000万円を枠 外で付けることを承認してもらった結果、今年度より2億円削減することで決着し た。」「子育て支援計画は、『絵に描いた餅』になるかもしれないが、財政状況が好 転したときには、計画に沿って進める。来年度が最悪との予想ではなく、18年度、 19 年度は更に厳しくなる見通し。参加保護者発言「市長になる際、公約に『福祉予算を削らない』事を掲げていた子育 て支援のあり方について、直接市長の見解を聞きたい。(ほぼ全参加者の要望とし て、3月議会前に実現を目指していくことを確認。多くの人が参加できるよう土曜希 望の声あり。)」「子どもをもっと大切にするよう担当課がPUSHすべき。(⇔担当課 答弁:批判は百も承知、8〜9割の市民が反対するかもしれない。担当課は何度も何度 もPUSHして枠外の5億円近くを取った。100点満点ではないが80点くらいの予算になっ たと思う。これが限界。)」「(退職不補充の市の方針に対し)5年後、10年後を見通 し、正規職員確保をするつもりがあるのか?『質の確保』のためには、新規正規職員 採用は不可欠。また、元々公私間格差是正で公立園も民間園も同水準を保つための 31 項目の補助金のはず、誇っていたはずの『保育の質』の低下をどう担保するの か?」 「保護者が声を上げ、市民全体に運動を展開していく必要がある。(ハコモノ 行政=公 営墓地・リサイクル施設予算に手を付けない。ごみ処理場の件では、問題と された業 者が再び工事を請け負うとのこと。)」
<ご意見・ご感想をどうぞ:連絡会扱い回収分>
・八千代の保育は水準が高いというのは、他市の保護者も知っていることで す。それ がくずれるのは、八千代の"売り"がなくなるということではないでしょう か。予算の 組み方を検討していただきたいです。
・財政難とはいえ、とても納得できるものではなく、ぜひ市長との懇談を議会 前に実 現していただきたいと思います。
・児童支援課の言い分は分かりましたが、やっぱり市民が直接市長に訴えるべ きだと 感じました!!でないと八千代市で子育てが安心してできないと新たに感じました。
・発展する八千代市の明るい未来のために、子どもたち働く親のためにがんば ってほ しい。協力していきたい。
・一市民として、もっと沢山話を聞きたかったのですが…なかなか時間が…  私たち の声を吸い上げてください。
・市としての苦しい事情は分かるが、説明が悪い(わからない)。人件費を削 るんだ ったら、○○を削るんだったらe.t.c. 前が見えてこない!こうするから(将来 ビジ ョン)今はこうして欲しいとなぜ言えないのか?無駄なプランニングを作っても 予算 は消費されていることをわかっているのか?現状が見えないプランはすぐ止める べき!!
・状況は分かった。保護者は何をすべきか、何ができるか?
・ 正直言って、子どもに関わることでこんなに大変なことになっているとは思 いま せんでした。ショックでした。子どもたちは私たち親にとっても社会にとっても 宝で す。もっと大事に考えてもらいたいです。
・おつかれさまです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
各父母会での臨時ニュース紹介 子ども・子育て八千代タウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる